[smartslider3 slider=2]

旦那が浮気してるかも!?と思ったら探偵事務所・興信所で浮気調査 浮気調査興信所株式会社

旦那さんの浮気疑っていますか?

私はちょっとした気持ちのはずみから他の女性と関係をもち、不倫をしてしまった経験があります。
当然、妻とは離婚をすることになったのですが、その際は慰謝料を支払い、かなり痛い目をみました。

実際、私の周りでの浮気や不倫があったため、感覚がマヒしていたのかもしれません。
不倫をした結果どうなるか、家庭内のことで時間や労力を費やし、周囲にも迷惑をかけてしまうことから、その影響は絶大でした。

最近ではLINE・FaceBookといったSNSの普及から不倫相手と出会うきっかけはたくさんあり、浮気や不倫を題材にしたドラマ・小説・マンガもたくさん世に出回っています。

とにかく浮気や不倫に対する後ろめたさや罪悪感がなくなって、まさに「不倫は文化」状態が社会に浸透しつつあると実感しています。

そんな私の経験から、男性目線で浮気や不倫をしている特徴やチェックポイントなどを紹介したいと思います。
旦那さんの浮気を疑っている奥様がたはぜひ参考にして、浮気問題を解決するきっかけを掴んでください。

まず結論から先に言っておきます

探偵に浮気調査をされたら、浮気の証拠は確実にとられ、自分の不貞行為がバレてしまうのは間違いありません。
これは、元妻が探偵に調査依頼をかけ、証拠をとられてしまった私の実体験です。

探偵が調査をしたのはたったの1日だったそうですが、その1日で浮気の証拠を完全にとられてしまいました。
そう、情報がそろっていれば調査員は1日調べただけで私の不倫をすべて暴いてしまうことができたのです。

その際の調査費用は10万円。
1時間15000円で6時間の調査をした場合にかかる料金です
一見、たった1日で10万円!?と思うかもしれませんが、その10万円で探偵事務所は私の不倫の証拠を撮って報告書を作成、のちに裁判にまで発展した結果、私は慰謝料300万円を払うことになりました。
元妻は私だけではなく、私の浮気相手にも200万円の慰謝料を請求。
結果として探偵の1日10万円の浮気調査で、2人から500万円を請求して離婚を成立させたのです。

不倫の事実が発覚し、探偵が証拠資料を作れば、即離婚でなくても浮気相手にだけ慰謝料請求をかけることはできます
大事な旦那を奪った相手に対する怒りはもちろん、妻側からすれば自分の家庭を壊されたことへの精神的な賠償を請求するのは当然のことだと思います。

全ては探偵の浮気調査による完璧な証拠があるから。

その証拠が10万円で最終的に請求する金額が500万円となれば、探偵を使って浮気調査をかけることのほうが有益と考えるのが妥当でしょう。
もちろん、離婚にはリスクもありますが、慰謝料のほか財産分与などを考えれば、浮気調査をした元妻の決断は正解だったといえるかもしれません。

ただし、1日で10万円の調査で終わらせるためには、情報を特定しておくという条件が必要で、調査する日時や場所などのを絞る必要がありますね。
そういった情報をどうやって得ていけばいいのか、私が紹介していく旦那の浮気チェックポイントを見て、自分で得られた情報を探偵事務所に伝えましょう。
あなたが持っている情報を元に調査の日時や場所などを絞り込めば、それだけ調査にかかる時間も短くなっていきます。

その分、料金は格安になり、私のようにたった1日で証拠をとられるということになるのです。

彼らはあなたのことを馬鹿にしている

私の周囲の友人・知人も浮気や不倫に対して特別な感覚を持っていないと感じることがあります。
彼らは不倫がバレたとき、そこに発生する重大な責任についての意識が薄いのです。
私は自分の経験から友人たちに対し、不倫なんてバレたらとんでもない時間と労力を費やすことになるし、相手も自分も大変な思いをするぞ、と警告したことがあります。

「もう俺開き直ってるし、嫁もだいたいわかってるから大丈夫」
「ウチの嫁は気にしてないし、バレるような会い方はしてないから平気だ(笑)」
「もう嫁に対する愛情とかないから、ウチは仮面夫婦みたいなもんだから!」
「俺のほうが稼いでるから、離婚なんてことにはならないんだよ(笑)」

こんな感覚の言葉が返ってきて、一向に不倫してることへの反省の様子は見られません。
他の女性と不貞行為をするということは、民事上の契約違反になり裁判上の離婚理由に該当するという意識がないんです。
バレたとき妻や子供を傷つけ、離婚となれば財産は等分、親権ももっていかれるし養育費なども発生するなど、問題が大きくなることが分かっていないのです。
仕事をもちながらこれら家庭内のトラブルを解決するのがどれだけ大変か、また自分がそうなることを想像しようともしません。

家では旦那を支える立場の奥さんは、家庭のために精神的な苦労をしていますから、これが慰謝料という代償になるはず。
家で帰りを待つ奥さんたちは自分が裏切られたという思いから、不倫がバレたら深く傷つくのは間違いないでしょう。
不倫してる奴はもういっそ、全員バレて事の重大さを知れ!

痛い目を見れば自分が何をしているのか実感できるはずです!
そんな思いでこのサイトを立ち上げました。

これは私が過去に過ちを犯してしまったこと、それにより妻と子供を傷つけ、親族を巻き込んでしまったことへの罪滅ぼしでもあります。

世の中には私のように軽い気持ちで不倫している旦那がたくさんいるはず。
自分の経験上、浮気している男に出てくる兆候などを紹介し、どうやって浮気調査に結びつけて証拠をとるかなどを紹介していきます。

すでに旦那の浮気を疑っている女性は、浮気調査や別れさせ屋を行っている探偵事務所に相談してみてはどうでしょうか
どこの探偵事務所でも無料相談を実施しているので、自分が持っている情報やこれからどう対処すればいいかなどアドバイスを受けることもできます。

浮気男はココを見られると痛い!浮気を見破るチェックポイント!

まずは、浮気を疑った理由に具体的な情報を加えることがポイントです。
浮気旦那が浮気に関する手がかりをどこかに残していないか確認するため、自分でできる浮気調査のチェックポイントを紹介していきます。

チェックポイント【スマートフォン・携帯電話

スマホやケータイは旦那のプライベートな情報が全て詰まっているわけですから、浮気を隠しきれていない旦那はそこに何らかの痕跡を残しているはずです。

浮気を隠しきれていない旦那はそこに何らかの痕跡を残しているはず。浮気調査の貴重な情報源になります。
指紋認証や虹彩認証、暗証番号によるロックを掛けている
自分の手元から絶対に離さずにトイレや風呂にまで持っていく
メールやLINEが鳴ってもあえてすぐ確認せず放置しておく
電話がかかってくるとあわてて書斎に行くことが多くなりリビングなどでは通話しない

このような、旦那さんのスマホの扱い方の変化で浮気を疑った女性は多くいるのではないでしょうか?
浮気をしている、またはし始めたときは「これまでと急に何かが違っている」ことが多いのです。

スマホにはメールや通話履歴、LINEなど浮気相手の情報が必ず隠されています。
まずはそこから浮気相手に関する具体的な情報を何でもいいからゲットして、Facebookなどでチェックできればベストです。

しかし、ロックがかかっている場合は難しく、指紋認証なら寝てるあいだに取得可能ですが、あとは旦那がスマホをさわるときの指の動きを見ておくこと。
自分の視界に入る位置に旦那の手元があるようにし、これまでと同様、夫婦の雰囲気を変えずにさりげなく見ておくほうがよいでしょう。

また、お子さんがいる場合は「スマホゲームしたいから番号教えて」と言わせのも良い方法ですが、これでためらったり断ったりした場合は要注意です。
ロック解除番号は4桁~6桁なので一度確認しても知らないフリをして浮気相手と連絡を取り合わせましょう。

スマホをチェックするのは必ず時間があるときにしましょう。

旦那がトイレ・風呂に入っているときや寝ているとき、携帯を忘れて外出している間など

スマホをチェックするときのポイントは、見て暗証番号などのロックを解除したら一旦そこで終了。
無理してさらに情報を得ようとしないこと、それ以上見てバレた場合には、浮気相手にも連絡されて警戒される上に証拠隠滅される恐れもあります。
浮気調査は一回バレてしまうとあとは情報をとるのが非常に難しくなるため、会うにも警戒されたり今後一切の情報をスマホ内に残さなくなることもあります。

一番良いのは泥酔して寝ている間などで、バレる心配もなくチェックタイムできるのでチャンスです!

チェックポイント【財布】

スマホやケータイは情報端末ですから、さまざまなセキュリティーがかかっているため難易度は高いほうでしょう。

しかし、財布は無造作に置かれる割合いが高く、少々の浮気の痕跡なら残っていることも多いといえます。
残金を確かめたり、逆にお金が増えているなんて場合もあるのでこまめにチェックしましょう。

チェック方法としての難易度はかなり低いので、旦那の就寝中などにこっそり見ておくと手がかりが掴めるかもしれません!

レシート(クレジットカードの明細)をチェック

レストラン、百貨店やその他店舗でのレシートも有力な浮気調査の情報源です。

レストラン、百貨店やその他店舗でのレシートも有力な情報源です。
クレジットカードの明細、給与の明細などは大きなポイントで、どこで何にお金がいくぐらい使われていたかを必ず見ておきましょう。
男性1人では行かないような店、もしくは給与から必要以上の金額が天引きされているなど。
もしかしたら、すでに女性をアパートに住まわせているため、その家賃が天引きされているなどの可能性もあります。

男はズボラですから財布に店のレシートをうっかり残しているなんてこともあるでしょう。
また、レシートには当然ながら店名、使った金額、会計した時刻、店の住所などが印字されているので大きな手がかりになります。
時間を考えれば、その時に誰と行ったのかなど容易に推測できるでしょう。

会員カードのチェック

浮気が常習化すると証拠をのまま残しておくことがあり、ラブホテルの会員カードや各店舗のポイントカードなども財布の中にそのまま入っている場合があります。

また、夫婦では行かないし子供も連れていったことないなんて店は要注意です!
デートでよく使われているかもしれませんよ!

チェックポイント【車】

夫婦でそれぞれ車を所有している人がほとんどですが、車内には浮気の痕跡がたくさん!

カーナビなどはその最たるもので、目的地履歴を検索すると意外な場所が見つかるかもしれません。

また、浮気の警戒心が薄れている状態だと車内にレシートやゴミなどを残したままになっていることも。
その中から相手の女性に関する情報がとれることもあるので、浮気の端緒をつかむことができるでしょう。

ゴミ箱をチェック

ゴミ箱は一旦捨ててしまえばもう見られないだろうという安心感から、数々の情報を無造作に捨ててあることがあります。
レシートはもちろん、コンビニのレシートでも、行った時間や買った品物から誰が何のためにお金を使ったかを推測できます。
旦那さんの嗜好品とは違う品物を買った形跡があれば要チェック!

グローブボックスなどの小物入れのチェック

最近の車にはグローブボックスなど物を入れるスペースがたくさんあるため、こういったところから思わぬ浮気の情報がとれることがあります。
いずれも浮気への警戒心が少し薄れて、浮気に関する情報をずさんに取り扱ったとき出てくる情報です。
ポイントカードやレシートなどが落ちていることがあるのでチェックしましょう。

浮気用の避妊具も隠されている可能性がありますし、女性のバッグから落ちた小物(ヘアピンや化粧道具など)が発見できることもあります。

カーナビの履歴と走行距離をチェック

目的地履歴はもちろん、走行履歴などを見れば、家族では行かないような場所がマークされていることがあります。浮気調査の情報として役に立つことがあります。

カーナビは車をチェックするときの必須アイテム。
目的地履歴はもちろん、走行履歴などを見れば、家族では行かないような場所がマークされていることがあります。
住所だけではわからない場合もあるため、住所をメモしておいてネットで所在地を調べれば仕事関係かどうかわかります。
そこから誰と行ったか、いつ行ったかなどの情報を確認してウラをとれば、浮気への手がかりが見つかるのです。
点と点を結びけていって、線につなぐことで浮気が発覚するでしょう。

走行距離も重要なポイントになり、距離をメモしておきさりげなく旦那さんに今日はどこへ行ったか聞く!
一つの情報からウラをとることを忘れずに!

旦那さんの車をチェックする場合も寝静まった夜がバレにくい方法です。

車をチェックする際には、いたずら防止のアラーム音やドアの開閉音に注意。
夫婦といえど、旦那さんは車内をプライベートな空間ととらえていることが多く、セキュリティーを万全にしている可能性があります。
細心の注意を払いながら浮気調査を行いましょう。

チェックポイント【パソコン】

旦那さんのパソコンも情報源としてかなり有力なアイテムです。
パソコンを開くことさえできれば、ネットの検索ページからお気に入りをチェック。
普段使っているサイトが出てきますから、そこからSNSなどにログインすれば、ログイン情報が記憶されていていとも簡単にログインできてしまったり、メールなどもチェックすることができます。

また、クレジットカードの利用履歴・利用明細もウェブ上で確認できますし、最近は給与明細もウェブでわかるような会社が多数あります。
こうした個人情報をチェックすることでお金の出入りを確認でき、それによって不明な点がないかわかるでしょう。

ただし、ログインには回数制限が設定されていることがあり、何度も失敗するとセキュリティでロックが掛かる場合があります。
ログイン失敗の履歴が残ってしまえばあとでパソコンを触ったことがバレてしまう可能性もあるので要注意です。

また、夫婦であっても勝手にアカウントにログインする行為は「不正アクセス防止法違反」に該当します。
ログインが100%成功するという保証がなければやめておいたほうが無難かもしれませんね。

自力の浮気調査で得た証拠は必ず写真に収めておくこと!

浮気に関する手がかりを見つけたとしても、それを自分で所持しないことがポイント!
証拠は必ず元あった場所に置いておき、そのままの状態でスマホなどで写メをとっておきましょう。

浮気調査はあくまで水面下で行うことが鉄則ですから、情報をとったことさえ相手にバレてしまっては今後の展開に不利になってしまいます。
気付かれていると認識された時点ですでに相手はあなたに対する信用を完全になくすでしょう。

浮気に関する情報をとってから怒り爆発してすべてを暴露してしまう人が多くいます。
しかし、これは得策ではありません。

落ち着いて、地道に浮気の情報を積み重ねて、探偵に依頼してから証拠をおさえましょう。

決定的な証拠を得るためにはプロの力が必ず必要!

ここまでのポイントを見て、あなたの旦那さんが浮気をしているという手がかりは見つかったでしょうか?

やっぱり浮気をしてるようだ、と思ったら・・・
または、情報は何も見つけられなかったけど、女のカンで旦那が浮気をしてる!と思ったら・・・

どちらにしても、浮気調査をかけることは真実を明らかにすることです。
白か黒かハッキリさせることで、問題は解決するので、さらなる証拠をとっておく必要があります。

ここまで自分で得られる浮気の情報について紹介しましたが、これらはすべて「証拠」ではなく「情報」です。
裁判上の離婚理由にあたる「配偶者に不貞行為があったとき」を証明するためには、当事者が肉体関係を持ったことを推定できる事実が必要。
それが「証拠」であり、浮気調査を行う目的でもあるのです。

ここから先は、特殊機材を使ったり人員を導入する必要があるので探偵事務所に調査を任せましょう。
情報をつかんだすべてを調査員かスタッフに伝え、浮気調査を成功に導くのです。

何の手がかりもなかったとしても、浮気を疑った理由を調査員に伝えてみてください。
ノウハウと知識・経験から浮気をどうやって証明していくかアドバイスを受けることができるでしょう。

探偵事務所の無料相談を徹底活用して、任せられる調査員にすべてを託してみると良い結果がでるはずです。

浮気がばれていないと思っている今の段階で調査を依頼すれば、あなたが望む調査報告がほぼ間違いなく出てきます

浮気がばれていないと思っている今の段階で調査を依頼すれば、あなたが望む浮気調査の報告がほぼ間違いなく出てきます

浮気での慰謝料請求の時効は3年!
今後、夫婦関係を見直して復縁するか、割り切って離婚覚悟で慰謝料を請求するかなどの選択は調査報告書を受け取ってからでもよいでしょう。
(※浮気の慰謝料の時効について詳しくはこちら)

浮気を疑いながら生活を続けるよりは、事実を明らかにしたほうが自分にとっても良いはずです。

浮気・不倫の増加はSNSの普及と比例している・・・

最近では浮気のとっかかりはすべてSNSと言われているほど、浮気がインターネット内に潜伏しています。
私の周りでも浮気や不倫をしている人たちは、ほとんどが出会い系やSNSを通じて知り会い、関係をもったという人ばかり。

浮気相手と出会いやすいのがSNSがLINE(ライン)とFacebook(フェイスブック)で、「浮気相手募集やセフレ募集」など明からさまなやりとりが見られるケースもあります。
最近ではメールよりもLINEが利用され、LINE内のブロック機能を使って特定の相手とのやりとりを見られないよう設定することが可能。

パターンとしてはオフ会、既婚者である事実を隠した合コン、飲み会、仕事の後輩、仕事の取引先の関係者、同窓会などで出会った女性など。
これらの状況で知り会った女性とLINEを交換し、やり取りをしていくうちに不倫関係に発展することが多いようです。

Facebookも同様です。
こちらは実名での登録が前提になっているので、既知の友人、昔の友だちや元カノなどと再会しやすく、浮気や不倫に発展することが多いといえます。

LINEは旦那さんのスマホを見ない限り浮気相手の詳細が判明しません。
一方で、Facebookは、友達の中を閲覧すると、そこに浮気相手がハッキリ出ているというケースがあるので、やりとりをそのまま見ることも可能です。

例えば、
「同僚の○○と出かけて夕飯も外で食べて飲んで帰ってくるから遅くなる」といって出掛けたのに、同僚の○○は普通に家族で実家に帰省していた。
そのウラをとって推測すれば、旦那は誰とどこで何をしていたの?と疑う要素が出てくるため、SNSはタイムラインだけでも見ておくべきです。

イベントごとに浮気は発生しやすいもの

12月はクリスマスや年末の忘年会シーズン、2月はバレンタインデー、8月は夏季休暇や暑気払いなどの飲み会シーズンなど、イベントごとに浮気は発生しやすいでしょう。
また、旦那さんの誕生日や会社の繁忙期なども理由をつけて帰宅時間を遅くして相手と会うチャンスかもしれません。

意外と平凡な平日などに浮気相手と会うケースも多いため、やはり仕事などで理由をつけて相手と会うチャンスをうかがっているのかもしれません。

浮気・不倫カレンダー

1月

正月休みは自宅で双方おとなしくしているため、休み明けに相手と会う傾向があります

2月

バレンタインデー前後は急増しますが、これらはスナックやキャバクラの女性とのつきあいかもしれません

3月

ホワイトデー前後も浮気は増え、気づかれないようにお互いにプレゼントを交換する傾向に

4月

会社の歓迎会・送別会シーズンは出会いが発生する場面でもあります

5月

GWなどの長期休暇は家族サービスなので、休みが開けて仕事が落ち着いてから急に会うことも

6月

特にイベントなどはない月です

7月

夏祭りや縁日などで夜間に外出する機会が増えていく時期
浮気も暑気になると増えていくという傾向が見られるので要注意です

8月

会社の夏季休暇のあとに一気に浮気相手と接触することが多くなります

9月

お子さんがいる家庭では子供が学校に行き、手が離れている時間に浮気相手と会うような傾向も見られます

10月

特にイベントがない月です

11月

クリスマスに向けて徐々に浮気が増え始める時期です

12月

クリスマスや年末の休日に向かって時間に余裕が持てる時期なので浮気も増加傾向にあります

最後に・・・

私は6年前に同窓会で10年ぶりにあった独身の同級生と不倫をしました。
最初は久しぶりに会ったなつかしさからメールを交換しているだけのやりとりだったのですが、お互いに気持ちが高揚し、いつしか不倫関係になっていたのです。

私には妻と小学生の娘がいたため、罪悪感もあっていつ関係を終わりにしようか考えていましたが、バレてないと油断し浮気はエスカレート。
残業と言っては帰宅時間を遅らせ、友人と飲みに行くと言っては、不倫相手と一緒にいて一夜をともにすることに。

そんな生活が1年ほど続き、まだバレてないと思っていたとき、妻がとつぜん「浮気してるんでしょ!全部知ってるから離婚してよ!」と離婚届をつきつけてきました。
不意をつかれた私は「浮気なんかしていない!仕事とかで遅くなってるだけだろ!何を証拠にそんなことを言うんだ?」 と切り返しました。

ところが妻は黙って、冊子をテーブルの上に叩きつけ、「見ろ」と言わんばかりに私につきつけたのです。
ページをめくってみると、私と同級生の女性が手をつないでホテルに入っていく様子や車内でキスをする場面が写真として載せられていました。

妻は浮気をした当初からカンで気付いていたようですが、調査のために気付かぬフリをしていたようです。
しかし、娘の一言で対処することに決め、探偵事務所に調査を依頼することにしたようです。

「パパは最近ママとあたしと遊んでくれないね?何かあったの?」
この一言で離婚を決め、妻は探偵事務所に浮気調査を依頼したそうです。

その話を聞いて、家庭をもっていることの責任の重大さに気づきましたが、すべては後の祭りでした。
その後は夫婦の共有財産の分配、慰謝料と養育費を払いが決まって離婚し、今は娘との面会も嫌がられて会ってもらえません。

やはり子供に会わせてもらえないことの辛さが、事の重大さを物語っていると認識しました。後悔しています。

このような失敗を犯した私だからこそ、今の浮気・不倫ブーム的なものに警告をしたいと考えたのです。
浮気や不倫は家庭を壊し、愛情とお金をすべて失ってしまう行為です。

探偵事務所で浮気調査をして、早期に手を打って猛省し、夫婦関係をやり直し、復縁している人もいるようです。

このサイトが浮気・不倫を少しでも減らす役に立てれば幸いです。

浮気調査興信所株式会社

浮気の証拠、つかみます! 浮気調査の専門興信所 - 浮気調査興信所株式会社

旦那が浮気してるかも!? リンク

探偵事務所・興信所で浮気調査Menu

ページ上部へ戻る